糖尿病の家系という恐怖


私は、36歳の専業主婦です。

私の家系は、父親の親族も母親の親族も、肥満や糖尿病に悩まされている親戚が多いです。

近年だと、糖尿病が原因で心筋梗塞で亡くなった叔父が2人います。

そんなこともあり、私も太りやすい体質ですし、油断すると肥満や糖尿病にもなってしまうと思います。

私は、20歳を過ぎたあたりから一人暮らしをしていました。

飲食店に務めていたため食事も付いていましたし、お酒を飲みに行くようになり、1年間で5キロほど体重が増えてしまいました。

そして、血圧も年々高くなっていきました。

健康診断では、血圧が高めだということと、コレステロール値が高いということで指摘を受けました。

このままでは、糖尿病になりかねないと痛感しました。

仕事はすぐに辞めることは出来ないので、それ以外の食生活や運動で、健康体を維持しようと思いました。

まずは、大好きな炭水化物の摂取を控えるようにしました。朝と昼はしっかり食べ、夕飯時には炭水化物を極力減らすようにしました。

また、寝る前の3時間は、出来るだけ食べないようにし、どうしてもお腹がすいて寝られない時は、こんにゃくの煮物など、カロリーの少ないものを食べるようにしました。

お酒も大好きですが、ビールやウイスキーなどの洋酒やカクテルは控え、焼酎をメインで飲むようになりました。

おつまみも食べ過ぎないように気を付けています。

現在は、毎日の日課で食べたり飲んだりしているものがいくつかあります。

コレステロールを下げるには豆乳が良いと聞き、朝は豆乳を飲み、大豆製品も毎日食べるようにしています。

また、血糖値が急激に上がり過ぎないように、食前にリンゴ酢を飲むようにしています。

血液サラサラ効果があることで有名なトマトジュースも、そのまま飲んだり、スープで食べたりしています。

そして、今は子供が生まれましたので、運動する時間がなかなか作れないのが現状です。

家の中で出来るストレッチや、場所を選ばない筋トレなどをするようにしています。

外でも、少しでも長い距離を歩いたり、エレベーターは使わずに階段を使うことを心掛けています。

毎年健康診断を受けていますが、20代半ばの頃に比べると、血圧もコレステロールも基準値内でおさまっています。

このまま気を付けて生活し、糖尿病予防をしていきたいと思います。

女性器の黒ずみを消す方法


私の更年期対策は入浴剤を入れてゆっくりと入浴することと豆腐料理をたくさん食べることトップへ